So-net無料ブログ作成

趣味を持つ事 [趣味]

どーもです。

 この前久々に友人と飲みに行った時の話なんですが・・・。

 友人宅から徒歩で、目的の飲み屋へ向かってたんですよ・・・。
私達の前に2人組が歩いていましてかどを曲がって見えなくなり
私達もそのかどを曲がった目的(評判のいい)の飲み屋さんへ入ろうと
したら、何とさっき先に曲がった2人組が居るでは有りませんか・・・

 そうしたら店の女将さんさんが「今ちょうど満席になりました・・・」
だって。

 そんな偶然ありますか?????

 
 「しまった~~~(悲)」と友人の声、「良いんだ、あきらめっぺ」
と私・・・。

 第二候補の姉妹で経営する焼き鳥屋、若い30代の姉妹がやってる
と言うので私はそちらに期待しました・・・。


 「こんばんは~~・・・。」と店の中へ

 なんと店の中はまるで自分家にいる雰囲気の作り・・・
こたつ2つにカウンター6席の丁度いい広さ、壁には大漁旗を飾って
なんとも味が有る店づくり、一目で気に入りました・・・。


 店には1人の女性が居ましたがまーまーの美人、あとからもう1人
入ってきたが似ていない・・・。

 「あれ??姉妹でやってるって聞いてきたんですが・・・??」

 「え~~姉妹です、私が妹であっちが姉です・・・」

 「あ~~、分かった!!どっちかがどっちか似なんだ~~」
ったら、友人が「そりゃそうだろう~~~」だって


 お店を始めたのも妹が調理師免許もっていたし、きっかけは
姉の「釣りバカ」が発端らしいです・・・


 姉が友達に初めて釣りに誘われたのがきっかけで、最初は
ビギナー使用の釣竿や格好をしてたらしいんですが、今では
プロ仕様の釣竿 リール ウエアー 偏光グラス など
揃えだしたり・・・

 釣りは毎週の様に1時間半かけて三陸の方へ・・・
船頭さん(釣りの師匠だそうです)には何時でも相乗り
混ぜてやるからと目をかけてもらっているそうです。

 この日も自分で釣ったタラをサバいて、私は天ぷらを
頂きました・・・。


 釣りの話をしてる姉の目はイキイキと何か自信が漂って
いて私には眩しい位でした・・・。


 人は何か趣味とか1つでもあれば、仕事や人生で嫌な事が
有っても乗り越えれるんじゃないかなと自分自身の趣味の無さ
に恥ずかしさを覚えました・・・。


 良く定年退職後に一気にふけると言いますが、趣味の1つでも
有れば、生き生きと生きられるのではと、私もこれから1つでも
プロ並みの趣味でも持とうかと思う

 今日このごろです。

 


タグ:釣り 趣味

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。