So-net無料ブログ作成
糖尿病 ブログトップ

糖尿病と合併症3 [糖尿病]

どーもです。

 今日も糖尿病と合併症の話でもします。

 この前もう1つの合併症の話で終わったんですが、
もう1つの合併症とは、「網膜症」なんですよ・・・。

 糖尿病と言う病気を持って居る為に起こる病気で
「糖尿病網膜症」と呼ばれています。

 糖尿病になると「眼科へは必ず行って定期健診受けて下さいね」
と主治医から言われてたのにも関わらず、仕事の忙しさにかまけて
定期健診行ってなかったんですよ、近くの眼科だし、予約とかなく
「半年に1度は来てくださいね」の言葉ににあまえて2年間行って
なかったんですよ・・・。(視力検査が嫌だったのも1つの原因
なんですが)

 それが行けなかったんですね・・・。

 もともと血糖値が高かったんですから、本当に定期健診行く
べきでした・・・(悔)

 ある日、何か視力が落ちてきたな~~と思いながら生活して
たんですが、「そろそろ眼科に行かなきゃな~~やばいよな~~」と
考えつつ眼科に行ってみたんですよね・・・。

 「あ~~~~っもうここでは対処出来ませんね~~、専門の病院
紹介しますから直ぐに行って下さいね」と言われたんですよ・・・??


 「あ~~っ??」と思いながら、早めに紹介された病院へ、
そこでは「あ~~これは糖尿病網膜症ですね、初期でしたから
まだ良かったですね、午後時間とれますか??手術しちゃいましょう」
と即決で言われ、言われるままに即手術。片方づつ1週間かけて
手術しましたよ・・・。

 手術前に言われたのが、

 「糖尿病で血糖値が高く続くと目の中の血管がドロドロの血で詰まりだして
物を見る為に血管が新しい血管を作りだすんですよ、でも若い血管って
もろいから、破裂する恐れがあるから、もし破裂したら失明しますよ。
なので、レーザー治療で若い血管の根本を焼き切りましょう」と。

 手術は20位で終わるんですが、何の痛いってもんじゃありませんでした。
脳の奥まで痛さが響くんですよ・・・(痛)目は開けっ放しだし、顔を動かすと
レーザーが関係ない所に当たってしまったら危険だし・・・(ゾッ)ほんと
先生を信じるしかないです・・・。

 レーザー治療はピンポイントでレーザーを若い血管の根本に放射するんですが、
もう二度と御免こうむりたいものです・・・。

 今では定期健診が3か月置きだし、血液サラサラの薬など2種類飲んでます。
今の所再発の兆しは無いようです。


 思ったのは、目は予約制の定期健診に限ります。さすれば仕事が忙しいに
かまけて行かないと言う事も無くなりますし、安心できます。

 なんて起こらなくて良い経験をした

 今日このごろです。

 



共通テーマ:健康

糖尿病と合併症2 [糖尿病]

どーもです。

 今日も糖尿病と合併症の続きを。

 いよいよ検査の前の日、その病院へ入院して検査の説明されまして、
検査って「カテーテル検査」の事で、手首か太ももかの動脈から管を
入れて、(もちろんカメラ付きの)見る検査で、やっぱり怖いし痛いし
不安だらけで夜も眠れませんでした。もちろん部屋には同じカテーテル
検査の人達ばかりですが、皆さんは慣れた様子で少しは安心しました・・・

 検査の当日、私が1番目だったんですが何も分からず手術台へ横たわり
先生が「モニター見ますか??」って聞くもんだから「眼鏡とってますんで」
と答えると「分かりました~~、じゃ~はじめま~~す」と軽い感じで
始めました、勿論外科部長も来られましたし、担当医は私の心をリラックス
させる為、心配させない為に軽~~い感じで始めたんでしょう。
さすが、名医のことだけは有ると思いながらも検査は順調に進み・・・

「あ~~っやっぱり詰まりそうになってますね~~」と言いながら
「2~3日入院出来ますか??」と言われたので「出来ると思います」
と答えたら「んじゃ~~っ、このまま手術しちゃいますか!!」だって・・・。

 何とも早、手術に変更する事になりました。

 あとで説明されたんですが、心臓の動脈あと糸位の細さでかなり詰まって
いたらしいんですって・・・。

 あと1ヶ月は持たなかったみたいだから、軽~~く心配させないよう手術に
切り替えたのかな??と思いました。


 「何が言いたいんだよ!!おまえ!!」とお叱りをうけると思いますが、
もしあの時ですよ??

 あの時に、車のタイミングベルトが切れなければ・・・・・・
今頃は突然死してたでしょう・・・(こわっ)

 今でもぞっとします。

 「助けてくれてありがとう!!」と私は愛車に言いたいです。

その後は、私の愛車は廃車になりまして、私の身代わりに無事
役目を終えましたと思い感謝しています・・・。本当にご苦労様でした。

 私は、この助けてもらった命が有る限りと言うか何て言ったら良いか
分かりませんが、その後は、寄付とかする様になり、コンビニ、スーパーに
置いて有る募金箱を見るとチャリ~~ンとお金を入れています。


 
 もうひとつの合併症はと言うと
それは次回にお話しします・・・。

 



共通テーマ:健康

糖尿病と合併症1 [糖尿病]

どーもです。

 この前糖尿病と合併症についてお話させて頂きました。
まさか??私が合併症??になるとは・・・。

 前置きとして、

 私は糖尿病になってから「完治」した事が有りません と
言うより「完治」しないんです。むしろ悪くなる一方です。

 HbA1cなんか6.5以下に下がった事ないし上は9.5位になる事あるし・・・
常に7.5~8の間を行ったり来たり・・・。あまり喜ばしい事ではないですが
どうしてもダメでした・・・。


 そんなある日の出来事


 とても寒い日でした・・・。いつもの通り車の暖気運転をして出勤しようと
車を走らせ200m走った所でタイミングベルトが「バツーンッ!!」
瞬く間にエンジン停止。助走しながら路肩へ停車。

 「やっちまった~~~っ。」
もう焦って焦って、会社には電話し~~の、家にも電話し~~の
車屋にも電話し~~のでその日は大変でした・・・。

 次の日・・・

 今日から徒歩出勤。歩いていると「やけに空気が冷たく感じるな~~」と
肺の底から感じるような冷たさでした。仕事中もその空気の冷たさは常に
感じられ、おまけにのどのあたりが何か詰まるような感じがし始めました。

 その日から、だんだんと歩くたび、動くたび のどのあたりが苦しく
少し動くのを止め休んでいるとまた元通り動けるようになって
「何か変だな~~??」位しか感じませんでした。

 それから1週間位して、5m歩くたび「ぜ~ぜ~っ」状態が続き
「こりゃダメかもっ!!」と思い病院へ駈け込んだら

「あ~~っ来ましたね、これは狭心症ですね。」だって・・・。

「お~~っの~~っ!!」って感じで、「どうします??」
って言われたんですが「もう少し様子みます」とその日は帰りました。

 2日後

 やっぱり駄目でした、苦しいのなんのって・・・もんじゃ
有りませんでした。
 また、病院へ行ったんですが「んじゃ~~、紹介状書きますね
これから行けますか??」と言われたので「分かりました、宜しく
お願いします。」と言い、早速病院へ。

 担当の先生に「一応検査しましょう、空いてる日が有るか
調べますね」と言いながら「明後日空いてますね~~ラッキーですね~~」
と言いながら予約を取ってくれました。
 その先生は、その病院のなかでもとても上手い心臓外科医でして
中々その先生が担当医になるのは、ごくまれな様でした。

この続きはまた。



共通テーマ:健康

糖尿病と合併症 [糖尿病]

どーもです。

 突然ですが「糖尿病」って知ってますか??

 私はまさにその「糖尿病」なんですよ・・・。

 糖尿病って今 国民病とまで言われて現在でも
増え続けています。なんでなんでしょう??

 一概には言えませんが、


 欧米食
 ファーストフード
 運動不足
 喫煙、飲酒
 ストレス
  
 などなど数えきれない位の原因があるようです。

 私も高校生までは、糖尿病って余り気にせず、祖母、母が
糖尿病を発病してるって感じでいました。

 でも・・・

 高校卒業後、一人暮らしを始めてから暴飲暴食が当たり前の
生活になり何時の頃からか、急にのどが渇きだして、
いくら水を飲んでものどが渇く渇く・・・。やかん1つでは
足りない感じ、1回に4リットル位の水は当たり前。

 そーあれですよ、よく初期症状と言われるあの症状。
まさにそうでした、会社の健康診断で発覚・・・。

 「俺もか~~~」そう思った時はあとのまつりでした。
なんと医者から告げられたのは

 「遺伝性の糖尿病ですね」 ってありかよ~~~っ。

 遺伝性糖尿病って有ったんですよ。大体女性の3人に1人の割合で
遺伝するらしいんですが、何故か私に遺伝しちゃいました・・・。

 
 あれから29年もたちますよ、今ではインシュリン注射と飲み薬で
血糖コントロール、でも好きなお酒はやめられません。それでも
遺伝性だから今でも生かされています。

 でも、糖尿病自体さほど怖い病気ではないんですが・・・
一番怖いのは「糖尿病の合併症」なんですよ・・・。

 私は無縁だろうなと思っていたら・・・。

 なりました、合併症に、しかも2つも。

 あ~~~~っなんてこったです。

 この続きはまた明日にでも・・・。



共通テーマ:健康
糖尿病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。